上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FBのおかげで、ブログの存在を忘れていましたm(__)m




釣果はサヨリ数十匹♪
これはコレ、嬉しい釣果♪

刺し身・日干し 美味かった~(#^.^#)



ハリスウキがどんな状況でどう動くのか!
(ウキが)これだけ動いたら当ってる!
など。収穫多し!




で、



コレ!








見てて、同じ釣り好きがやる事なのか・・・・
と。





・・・(-_-メ)




・・・(-_-メ)










お願いです。


フグ。なんも悪りぃごどしてねぇっす。

生きるために目の前のエビ、食っただけだす。



なんとかお願いしますよ(/_;)




スポンサーサイト

前回 秋の大雅杯(9回目)では遅刻する・・・という失態があり
主催者より「まともな時間に来いよ(笑)」との事

今回は海風到着こそ1番ではなかったものの、
入店1番です

まぁ例のごとくガヤガヤ・・・の開会式兼磯割り抽選
たぶんこの人たち、放置すると釣りに行かないで
喋って終わりそうな勢い(^ム^)

厳選な(?)くじ引きの結果は「大竹丸8番」と

…何回くじ引いても政運丸には一度も当たってないんだよなぁ~・・・・


さて今回の同釣者は

JSYのSさん!
以前は店長のSさんとご一緒させてもらっていますが
なんとまぁご縁があるようで(#^.^#)

で、後からわかったんですが
「夢がいっぱい男鹿の磯」

のセキさんとも同船してました…
声もかけずすみませんでしたm(__)m


セキさん&Tさんはチャポへ

で、向かった先は大桟橋ハナレへ

初めての磯 ドキドキするが

何せ足場が悪い…

とりあえずSさんは北(漁港向き)

オイラは南‐陸よりへ入座

当ててくる潮はゆっくり大桟橋へ巻いて流れている・・・

水色は

いつ来ても壮観♪



期待してもしょうがない感じ(苦笑


セオリー通り 3Bの仕掛けでスタート

ほどなくコマセが効いたであろう時間帯に
水面をパシャパシャ…磯場でトビウオ

初めて見たよ

それから付けエサが取られっぱなし

正直、どこで当たっているのか不明の為
0ウキ+ハリス2.5ヒロへ変更


それでもエサが取られているポイントが不明

3Jハリスウキセット



・・・


・・・・かなりの浅場で


掛かったのは「マス」

しかも「最近海にきたばっかりなんですぅ~」ってサイズ

こいつをどうするか考えているうち手元から海に逃げ帰ってた

さらに張り込み6号セットし・・・

足元の根からコマセ打ってたら
突然現れる青いヤツ

チョット小さい

初は「?」

さらにコマセ打ち続けると

確信しました 青いヤツです♪


ハリスウキはそのまま

潮下へ仕掛け投入

もらったな(*^^)v

しかし

バカづら其の1


続いて

バカ面その2



2ボーラ―♪

 
・・・嬉しくない!!!

なんで磯際でこんなに暴れる?
タモ入れたら針放すくせに???






はい。
地合い終了




午後はみなさんが経験したとおり

潮動かず 1.5ヒロでも付けエサが冷たいままのお帰り


色々やっても魚の気配がそもそもなし



で検量


う~ン・・・釣る人は釣る


優勝者とかはリンクしているアッチコッチで確認してください


精巧な模型…ではない



この男

デカメジナを検量に出したクセに
こんな模型まで作ってくるとは


数年前の丸グレで
「目の前でメジナいっぺ居たけど釣り方わかんねぇ~」って
涙目なってたくせに


やっぱ生意気だ(`^´)




さて皆様

いつも楽しい時間をありがとうございますm(__)m
また秋にワクワクしましょうね

お疲れ様でした!







追伸
タモについたボラの臭いが取れません(/_;)



お久しぶりです(#^.^#)

各所でポツポツ魚の顔が見えてるそうで・・・
ウズウズしてきたので約半年ぶりのリハビリを兼ねて海風

バッタリ行き会ったヤマちゃんと一路中提エリアへ向かうが・・・



久しぶりの風景♪





寒い。
防寒選択して正解でした


とにかく寒い




本日より大潮 水温も10℃台なら期待は大!
しかしヤマちゃんと一緒ってのが気になるところ

過去、数回 ヤマちゃんと一緒、若しくはヤマちゃんの姿が見えるところで
何か釣った記憶がない(/_;)


・・・とりあえず向かって左のトーフに渡提する。

やっぱリハビリ。釣りするまで時間掛かったワ

昼までは船川特有の激流⇔潮止まり⇔ヨレ を繰り返し
その都度仕掛けをいじり倒し!

期待は大!  けど寒い!!!!

心のなかではずっと
シマノTV「大ちゃんの釣りに行こう」とオープニングソングがずっとリフレインしていました(笑

・・・知ってる人  いるよね?


ココでの釣果は・・・ナシ

いつ釣れたんだかわからないタイミングでタナゴを掛けるが直前でばらす
タナゴにすらバカにされてます

12時 中提エリアの釣客は一斉に横テトラへ移動


・・・やまちゃん

鼻くそ位で映っているのが我がヒーローヤマちゃん♪




それを機に 潮止まり
不戦勝ならぬ不戦敗

それでも仕掛けをアレコレ・・・いじってはみるけど

どうも噛み切った糸がショッパクない

我が家の出来損ないの味噌汁みたいな塩っ気です

タナも1.5ヒロ~這わせの竿2本まで 帰ってくる付けエサの冷たさは変わらず



珍しいのか?


奇跡みたいな空は見えても
我の竿には奇跡は起きず



釣果が安定して来るのはもうちょっと先か?

海風お父とおしゃべりしてたお客さんも
「船川の祭りの頃には文句なしだろうけどなぁ」って

トーフ4連敗
(4回も上がってるなら何かしら釣果を出しても良いようなモンですが・・・)

ヤマちゃんと一緒の釣行の4連敗の男より


本格的な冬に磯にはめったな事がないと行かない私メ

だって寒いもんね…

でも年が明けたなら海の神様に御挨拶しに行かねば!


まずは海風で情報収集
海が荒れてるから「台島~椿」で考え中、
『海がスケスケだから無理でね?』と和兄ぃ


で、偶然居合わせた銀釣会会長であるmennyaさんとご一緒に
入道崎方面へ

せっかくなんで「冬の地磯」をレクチャーしてもらいました

向かった先は弁天・昆布浦向き

冬ですな

いい天気♪

でもこんな天気が「いい♪」って言っちゃうのは
相当はアホの釣り人だけなんっでしょうね(笑

で、よくよく考えてみたら・・・
誰かと一緒に釣りに行くのって3年ぶり位でした
<私的大会除外で>

で、menyaさんより道・ポイントのレクチャー

釣座はトリコの水道

水はスケスケでも雰囲気はプンプンです


mennya「こっから〇ヒロ…こっから〇ヒロ で、アッコの根から・・・
     ここの潮っ気がキツイならこの向きで・・・」
丁寧な指を受け

トリコの北の先端からいい曝しが・・・
でも表層だけ
底潮はあっちッこっち・・・ウキは20mも流れてるのに
足元で根掛かりしたり


釣り開始して2時間くらいたったころ
自分もmennyaさんにもスポポポポォォォォン!!!!って
ウキが引っ手繰られるドラマがあったようですが

2人して釣果なし

地磯のダンディさん?


あれ?mennyaさんフグ×1 タナゴ×1 でしったっけ?

水温は気にならなかったですが
水色。あとは塩分濃度でしょうか?

厳しい海でした\(◎o◎)/


帰路は海岸線回りで
mennyaさんより

「アッコが五枚岩で、車はココに停めて・・・・
 で・・・・アレ、豚臭な」

釣り以上の収穫あり
独りで行くのもいいけど、連れだって行くのもいっすな♪

なかなか地磯で釣果の出ない自分
なんか沖磯と勝手違うのは当然として

自分に何かが足りないんだろうね・・・

今年はチョット「地磯」も課題にしてみよ~っと


では皆様
まだまだ雪と寒い日が続くと思いますが
今年も海で笑顔!でいい釣果!!!

皆様、今年もご指導のほど宜しくお願いいたしますm(__)m


追記
釣果のない我々をよほど哀れと思った和兄ぃより
「ナマコ」を頂きました

美味かった♪
ナマナマコ♪


番茶で湯がく調理方法もあるようですが
やっぱ「生ナマコ」に限る!

上娘がアッと言う間に食い尽くしてしまいました❤

どうも。
職場の古いCPに慣れていしまい、私物のPCが使いづらいと感じている僕です

朝の天気がアンなんだったにもかかわらず

つか、あの雨の中『加茂:こわれ島』にいました

って言うより

あの雨の中『AKB大好きおもしろオジさん』がシャクってました


ブログ更新されてないから、すっかり成りを潜めている居るものとばかり思ってました(笑


さて、

海風に6:30到着したはイイが
道なりのローソンまで戻り脱糞♪

あそこのローソンの紙は黄門様にやさしくないので皆様ご注意を!


で、和兄ぃに状況確認

1:チャリコの棚まで仕掛けは落とさないこと
2:チヌの棚キープすること
3:とにかく軽い仕掛けで我慢

「じゃ。もがいてきなさい」と店から送り出される


では前日に大型メジナが居た!と言う「こわれ島」に渡礁


途中、男岩から先はエギンガーでフィーバーしてます



風状況





波状況





雨状況


6:00の段階で

素人の自分にも「・・・雨は避けられないなぁ」とわかる状況

・・・ふぅ  仕方なし





で、こわれ島渡礁と同時にヒドイ雷

けどなんだかワクワクしているのはなんでだろ?








しったげ端折るよ


釣果はナシ(^^)v




メジナは居た!  しかも尺上!!!

推定40㎝はあった・・・・・・・・と思う




固定⇔全層
重⇔軽
長⇔短(ハリス

いろいろとやってます




メジナの5倍はシマシマが居たので
自分程度の腕前じゃメジナ棚までさしエサを届ける事が不可能(^^)v

その他のエサ取りは スズメ鯛 (お豆さんサイズ:際から離れない)
          チャリコ (深棚)
          フグ   (日が照ってからは1投毎に針取られ)

大黒島向き


陸向き


良さげな感じでしょ♪


でも釣果なし(大笑






帰りは海風で反省会

和兄ぃ曰く『メジナの個体としてのスキルが上がっている。今までの釣り方じゃ通用しない』と

長ハリスをどうするか? コレが鍵


長ハリス・・・仕掛けが入らない内にいつの間にか付けエサなし(/_;)
ドコでエサが触られたのか?が一切わからず


で、
いろいろ教わった事をまとめると


私的メモですが(#^.^#)


まぁこんな感じ(^_^)



水温25℃

G杯の頃はもうちょっと下がるかな?

これからはフグがやる気だしそうな気配もありますが

エントリーした皆さんが良い釣果にありつけますように!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。